ノベルティップ

同人ノベルティでも立体物を作りたい

即売会で同人誌を販売するなら、おまけにノベルティも販売してみましょう。自筆のキャラクター付きのノベルティは、印刷所で同人誌と一緒に制作できることが多いです。ポストカードなどペーパー系のグッズは家庭用プリンタなどでの自作も可能ですが、フィギュアやキーホルダーなどの立体物は金型の製作から始めなければならないため、個人での製作はほとんど不可能と言っていい状況でした。近年はオリジナルグッズ製作を小ロットから受け付けてくれる業者も増えたので、紙ものに限らず様々な種類のノベルティを制作できるようになりました。依然として紙もののステーショナリーや紙袋、缶バッジ等が定番ですが、最近はラバーストラップなども増えつつあります。ネットのイラスト投稿サイトなどでは、キャラクターをラバーストラップ風に描いたイラストがたくさんアップロードされています。「キャラクター名+ラバスト」といったキーワードで検索するとラバーストラップの人気がうかがえます。

ノベルティで同人活動を楽しもう

ノベルティは、企業が自社の宣伝のための粗品として無料で配ったり、パーティの際のちょっとしたお土産として製作されることが定番でしたが、近年では個人で製作することにも注目が集まっています。個人で製作依頼をする場合には同人活動のために依頼する人が増えており、同人イベントの際に主に活用しています。活用方法としては、自身が発行した本のおまけとして購入者に配ったり、他のサークルへの差し入れとしてプレゼントしたりすることが多いです。ノベルティは、専門の業者に頼んで製作するため、自身の負担が少なく、販売する同人グッズに全力を注ぐことが可能です。人気のあるノベルティは、卓上カレンダーや缶バッチなどの自身のイラストを載せることが出来るものであり、近年では、少数の製作依頼を受け付けている専門業者も多いです。多くの専門業者がインターネットを介した依頼を受け付けているため、直接専門業者に向かう必要がなく、手軽に依頼をすることが可能です。

recommend

佐賀で不用品を回収
http://saga.fuyouhin-kaitori-center.com/
不動産を経営
http://www.c-sp.jp/

Last update:2017/3/2